2007年05月29日

さきたま杯に向けて?

では前回のつづきで他の馬を見て行きましょう。

その前に去年出ているアグネスジェダイも居ることだし
去年のメンバー構成を振り返ってみます。

去年、中央の馬は
・アグネスジェダイ
・ドンクール
・ストロングブラッド
・クーリンガー
の4頭。

今年は
・アグネスジェダイ
・リミットレスビッド
・メイショウバトラー
・ストロングブラッド
という数では同じ4頭だけど、なんだか今年のほうが豪華な気がします。
さらに南関G1級、フジノウェーブの参戦も一層メンバーを豪華にしています。


では昨年勝利したアグネスジェダイについて。
成績にムラのあるタイプでブリンカーもつけている気難しい同馬。
去年と同様、ドバイに遠征してからの参戦で休み明けになりますが
今月中旬から坂路でも乗り込まれてある程度の状態で出てくるのではないでしょうか。
去年はこのさきたま杯から北海道SP、クラスターCと3連勝を飾りました。
今年も同じようなローテーションを組んで狙ってくるのでしょう。
昨年同レース好走という事で警戒はしますが
その昨年が素晴らしい鞍上の手綱さばき。
今回同じことが再現できるか?ですが、上位に来るパターンとして、
好位からの差し、中団前目からの差しがこの馬のパターンだと思います。

・ロッキーアピール
レースを作るのはこの馬かもしれない、、
が逃げ足もかげり気味だし元々ビュンビュンとばしてハナ叩いていく馬ではないし
昨年のかきつばた記念はまぐれ(もちろんこの馬は力ありますが)
だと思うしこのメンバー相手ではしんどいでしょう。
メイショウバトラーにも完全に負けています。

・ディープサマー
前々でさばいて流れ込むタイプ。
番手から競馬をすすめるかハナを叩いて行くかもしれません。
流れ込む、粘るタイプだけに
直線向いて強烈な決め手を発揮する馬に交わされるところはイメージできる所です。
しかし信頼できる連対率50%の川島厩舎。
買っておきたい馬ですね。


それではまた書きます。
おやすみなさい三日月




posted by ケン券 at 02:34| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 交流重賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。