2007年04月19日

馬券組み立てガイドライン

馬複(馬連)→ワイドとセット
     →複勝で押さえ
     →馬単で利益狙い

馬単→ワイドとセット
  →裏返し
  →マルチ(点数とオッズを吟味して)
  →3連複(ヒモ絞れれば・多点数でも価値あるとき)
  →複勝で押さえ
  →3連単とセット
  →枠単とセット

〜3連単の前に馬単あり!〜
3単を買う前に馬単買う価値があれば馬単!
3着ヒモ抜けはイヤ!

単勝→複勝
  →馬複(2着でも拾える)
  →ワイド

ワイド→馬複で利益狙い
   

※本線の金額に対して押さえのワイド、複勝の金額を多くしすぎない。
押さえで元返し有ればOKの覚悟をしよう。
posted by ケン券 at 23:11| Comment(2) | TrackBack(0) | レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
色々考えてますね
いいと思います
競馬に限らず、他人と戦うゲームといわれれてるものは、
結局自分の腕を上げるしかないから^^

それさえわかれば前に行くしかありませんものね
Posted by マスター at 2007年04月20日 04:00
>マスターさん

馬券の組み立てより予想そのものに時間掛けたいと思いました。

自分では、もっと進化できると思ってます。
だから腕上げたいですね☆
Posted by ケン券 at 2007年04月21日 01:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。